90日コーチング体験記『me,too』

 『me, too』とは、2008年からスタートした、ライフコーチングで変化したクライアントさんのオムニバス形式のストーリーです。実際に私のセッションを体験されたクライアントさんがお書きになり、私が編集を手掛けています。多くのクライアントさんのご協力を頂きまして、10年かけて74話作り上げてきました。本当にありがとうございます。

 以下、お申込みフォームから無料でダウンロードしていただけます。

me, too 2018 summer

■73 『It's sign!』

 年末、色々なモノが壊れたので、変化をしなくてはいけないサインと解釈し、コーチを依頼。しかし、どう変化したいかのイメージが持てていなかった。そこでコーチは、「毎日思い込みを手放すブログを始めたら?」と提案。そんなある日、JR主催のガンダムのスタンプラリーに参加。思いのほか、自分の中にパワーがあることに気付き、ここからフットワークが軽くなっていく。しかし、相変わらず「変わりなさい」というサインが次々と発令され、とうとう「参りました」の境地に。そのあと、3か月前にはまったく予想もしなかった行動に出たのだが…。

■72 『WHO AM I?』

 ⼦育ても⼿がかからなくなってきたころ、「不満のある現状を変えたい」と⽇々思うようになり、思い切ってコーチングを申し込む。初回に「今を⽣きていないようですね」とコーチにすべての核⼼を⾒抜かれてしまう。3 回⽬のセッションでは、「やっぱり⾃分には無理なんだ」という声が内側から聞こえてきた。その声の正体とは? そして、その声に決着がついたとき、Reiko に起こった変化とは?

■編集後記 

本編に入らなかった、残念ながらボツになった話について書いております!

以下のお申込みボタンから、72/73+編集後記がダウンロードできます。

me,too 2017 & 2017 summer

63『花束を僕に』64『TEAと涙とマッシュルーム』65『10歳』66『Yes maybe No』67『モノクロからカラフルへ』68『新しい服を着て』69『ひとり旅』70『Present』71『UPDATE』一気に9つのストーリーをダウンロードしていただけます。

me,too 2015

 今回は、40'SのS子さんと50'SのA子さんの自己探求な作品です。「自分ってどんな人?」「自分って何が好き?」「自分はなにしたいの?」「私って幸せ?」人は、そういうシンプルな問いに実は答えられないのかもしれません。お二人の物語を通して、本当の自分をわからなくしていた理由について、me,tooな気持ちで読まれる方もいらっしゃるのではないかと思います。 (2015.6.22リリース)