ベランダの虫の謎解き。|The riddle of a bug on a veranda.

 小さなことを偶然とか、そうでないとかで片付けるのは簡単ですが、それでは謎解きの楽しみを見失ってしまいます。あなたの謎解きレーダーは作動していますか?レーダーに火をつけよう!

 It’s easy to dismiss small things as coincidence or no-coincidence but to do is to miss out on the fun of solving a riddle. Is your riddle radar on? Let’s fire up that radar!

 「なんだか、不思議なことがどんどん日常に紛れ込んでくるのが別次元なのかなと思います」と、クライアントさんが、ブログにコメントをした。

 A client commented on my blog, "I kind of think it's called another dimension when mysterious things keep getting mixed up in our daily life."

 確かにそうだ。a.m. でも p.m, でもない、自分の時間 I, m,で過ごしている私には、不思議なことがどんどん日常に紛れ込んでいる。そして、宇宙と調和しているように感じている。目に映るすべてのことはメッセージだ。

 It's true, I'm neither a.m. nor p.m., I spend my time in the i.m. and mysterious things are mixing into my daily life. And I feel in harmony with the universe. Everything you see is a message.

 九州セミナーから帰ってきた翌日、私の部屋のベランダのアイビーに、枯葉のような虫が止まっていた。いづれ飛んで行ってくれるだろうと思っていたのだが、数時間経ってもまだそこにいた。窓越しによくよくその虫を見てみると、カメムシのような形をしている。まあでもそのうちどこかに行くだろう。そのまま放っておくことにした。

 The day after I came back from the Kyushu seminar, an insect that looked like a dead leaf was stuck on the Ivy on my veranda. I thought it would eventually fly away, but a few hours later it was still there. I looked closely at the insect through the window and saw that it was shaped like a stink bug. Oh well, it will go away eventually. I decided to leave it alone.

 数日後、なんと、網戸にまた現れた?!恐る恐る網戸をスライドさせ、とにかく視界に入らないようにした。そしてようやく名前を調べてみることに。いた!「クサギカメムシ」というらしい。秋になると、外に干してある洗濯ものなどについて、異臭を放つようだ。しかも、あまり動かないことも分かった。だって、私のベランダに3週間もいる。どれだけ居心地がいいのだろうか。

 I thought I hadn't seen it for a few days, but then one day it was back on the screen door. Scared, I slid the screen door open and tried to keep it out of sight at least. Then I finally decided to google the name. There it was! They say it's called a "magpie stink bug". In autumn, they attach themselves to laundry that is hung out to dry and give off a strange smell. Moreover, I found out that they don't move much. I've had it on my veranda for three weeks. Is it cozy?

 そして、私は1泊2日の北海道出張へ。きっとその間にどこかに行くことを願って。網戸に虫の嫌いなアロマをスプレーして、家を出た。 

 And I am going on a business trip to Hokkaido for two days and one night. I hoped it would go somewhere in the meantime... I sprayed the screen door with an aroma that insects don't like and left the house.

 翌日の夜帰宅して、恐る恐るカーテンを開けると、まだ網戸にいるではないか! 2日間もじっとしていたなんて。虫が苦手なので、マンションのメンテナンスの人を呼ぶしかないだろう。 

 The next night I came home, opened the curtains with fear, and it was still on the screen door! I can't believe he stayed still for two days... I'm not good with insects, so I'll have to call the flat maintenance man.

 翌朝、名古屋から対面セッションのためにクライアントさんが私の部屋に来た。彼女は仕事を休んでいる最中で、その間にガーデニングを始めた。彼女ならきっとカメムシに遭遇したことがあるだろうと思い、話してみた。

 The next morning, a client came from Nagoya for a face-to-face session. She was in the middle of a break from work and started to do gardening in the meantime. I thought she’s probably encountered a stink bug, so, I spoke to her.

「家のベランダに3週間近くカメムシがいて、私は虫が苦手なので、捕獲できないんです。今日はアイビーについていたから、アイビーの先端をベランダの枠の外に垂らして、飛び立ってくれるのを待っているんですよ。もしかしたら、捕獲してもらますか?」

「はい、ビニール手袋があれば!」

「流石、ガーデナー!」

"There's been a stink bug on my veranda for nearly three weeks and I can't catch it because I'm not very good with bugs. Today it was on the Ivy, so I hung the tip of the Ivy outside the balcony frame and said I'm waiting for it to fly away. Perhaps you could capture it for me?”

"Yes, if you have plastic gloves!"

"Quintessential Gardener!"

 私はビニール手袋を彼女に渡した。彼女はいとも簡単にアイビーについているカメムシを捕獲し、両手を振りながら「バイバーイ!」と言い、空に放った。3週間、小さなベランダの世界しか知らなかった彼は、びっくりしているに違いない!

 I handed her a plastic glove. She easily caught it from on the Ivy, waved her hands in the air, said, “Bye-bye!” and released him into the sky, which must have taken him by surprise after three weeks of only knowing the world of his little veranda!

 そして、彼女のセッションがはじまった。彼女も"Time to say goodbye" の時が来た。過去を捨てて、新しいことにチャレンジするときではないだろうか。セッションの最初に「バイバイ」と虫に言った言葉が、彼女自身への言葉だったように思えた。

 Then her session began. It’s her "Time to say goodbye" too. Time to leave the past in the past and try something new. It seemed as if the words she said to the insects at the beginning of the session, "bye-bye", was a word to herself.

 奇しくも前日、北海道セミナーの懇親会で、私は”Time to say goodbye”を歌った。3週間近くも、虫は彼女の訪問を待っていたのだろう。宇宙からのサインだ。

 Coincidentally, the day before, I sang ”Time to say goodbye” at the Hokkaido Seminar. For nearly three weeks, the bug must have been waiting for her visit. A sign from the universe.

 彼女は虫が飛び立つ背中を押し、私は彼女が未知の世界へ飛び立つ背中を押した。そして今、久しぶりにベランダの窓を大きく開けて、秋晴れの空を眺めながら、このメルマガを書いている。♪少しも寒くないわ!

 She helped the bug to fly away and I helped her to fly away into the unknown. And now, for the first time in a long time, I am writing this newsletter with the veranda window wide open, looking out at the clear autumn sky. “The cold never bothered me anyway. “♪

■編集後記

このメルマガを読んだ英会話の先生が、「僕も2週間前に家のベランダのオリーブの木にカメムシがついて、どっかへ行ってくれ!と思ったけど、今度は網戸に張り付いて、それから部屋の中まで入って、洗濯ものについたんだよ。捕まえなくてはいけなくなってさ」と言っていました。しかも、茶色で同じでした。(笑)

あなたはこの秋、it に遭遇しましたか?

◎本日の英文は、Mediumのブログから音声で聴くことができます。


0コメント

  • 1000 / 1000