誰もが「自分らしいこと」を語れる場所。| A place where anyone can talk about their "typical things

 あなたにとっての普通なことは、あなたには見えないかもしれないけれど、長い年月をかけて開発され、時間もかけながら、ユニークで洗練されたものになっているからです。あなたがどれだけ特別な存在であるか、他の人に見てもらいましょう。

 What's normal to you is normal because it was developed over many years, and has had time to become unique and sophisticated, even though you might not see it. Let others show you how special you are.


 「コミュニティのメンバー同士が、互いにインスパイアされる場所。自分の普通が他人の特別になる場所、そして、夢が叶う場所、それが、ONE DAY ONE UNIT コミュニティーなのです」

 "A place where members of the community inspire each other. A place where one's normal becomes special for others and where dreams come true - that's the ONE DAY ONE UNIT community. "

 オンラインキャンプレポートの編集後記に、こんなことを書いた。そして、オンライン英会話の先生から、以下のコメントをいただいて、気づかされたことがあった。

 In the editor's note of the 1D1U online camp report, I wrote this. I was then made aware of the following comment from an online English teacher.

「ONE DAY ONE UNITの一番の魅力は、家族だと思うんです。実際に家族なんですよ、あなたは、兄弟姉妹のように接してくれるから、私にとってはコミュニティじゃなくてファミリーという感じです。私たちの言うコミュニティとは、隣人のような意味になります。家族の一員として接する。強い絆で結ばれ、秘密を共有し、悩みを共有する。コミュニティは自分たちの悩みを共有しないので、あなたのやっていることは、家族です」。

 "I think the best part of the ONE DAY ONE UNIT is a family. It's a family, you know because you treat each other as brothers and sisters, so for me, it's not a community, it's a family. We say the community is just like your neighbor. You treat them as family members. You have strong bonds, you share the secret, and they share their problems. A community does not share their problems, so it's a family, "

 そのフィードバックが腑に落ちた。だから、最後の言葉を" that's the ONE DAY ONE UNIT family."に変えた。

 Exactly. That feedback became clear. So I replaced the last words with "that's the ONE DAY ONE UNIT family."

 しかし、この家族は特別なところがある。自分の知恵、得意技、趣味、経験などをシェアする場所があることだ。実際の家族は何かと忙しくて、意外と知らないことも多い。母が30年間、勲章をもらうほどのボランティア活動をしていたことなど、詳しく聞いたことがない。

 However, there is something special about this family. It means that they have a place to share their wisdom, strengths, hobbies, and experiences. Families are often so busy with everything that they don't know as much as they think they do. I have never heard any details about my mother's 30 years of volunteer work, which was enough to earn her a medal of honor.

 

 先日、九州セミナーが行われたとき、凄く素敵な服を着てこられた方がいた。Zoomでも上半身だけは見えるので、いつも拘りのファッションをしていらっしゃるとは思っていた。やはり対面でお会いすると、その方がファッショニスタであることは一目瞭然だった。学生時代は、服飾の勉強もしていたようだ。そんなことをはじめて聴いたが、やっぱり!と思えた。なので、Zoomでご自身のファッションコーディネートについて語ってくれませんか?と、依頼した。

 The other day, at the Kyushu seminar, there was a person who wore very nice clothes, and even though I could only see her top on Zoom, I always thought she was wearing clothes that she was obsessed with. When I met her face to face, it was obvious that she was a fashionista. It seems that she studied fashion during her school days. It was the first time I had heard that, but I knew it! I thought. So, I asked her if she would talk about her fashion coordination on Zoom.

 そもそもその方は、アパレル店長ブログを書いていたときから、私のブログを読んでくださっていた。接客DVDも買ってくださったらしい!

 To begin with, she had been reading my blog since I was blogging as an apparel shop manager. She also bought my DVD for the salesperson.

 私のファッションは、販売員の経験を通して知ったコーディネート理論だが、生粋のファッショニスタは、自分で服に装飾をつけたり、ペイントしたり、周りの職人に希望の服を作ってもらったりもしていた。それは、ご両親から脈々と受け継がれたものであったことも知った。多くのメンバーをインスパイアした講義であった。

 My fashion is a theory of coordination that I learned through my experience as a salesperson, but genuine fashionistas also decorated and painted clothes themselves, and even had the artisans around her create the clothes she wanted! I also knew that this had been handed down to her by her parents. It was a lecture that inspired many viewers.

 でもその方は言う。「自分の中では普通のことなので」と。

But she says, "It's just normal for me."

 そうか、スラッシュを加えよう。 /  誰もが「自分らしいこと」を語れる場所。それがONE DAY ONE UNITファミリーです。

Right, let's add a slash. / A place where anyone can talk about their "typical things". That's the ONE DAY ONE UNIT family.


■編集後記

自分の考えていることを人に話すと、概念としてフィードバックしてもらえることがあり、それがまた私の脳内で結合されて、自分らしさに自信を与え、自分の要素になっていくのを感じています。

オンライン英会話の先生の考えを、オフラインの英会話の先生にも聞いてもらったことで、また別の解釈をいただきました。

In your newsletter you talked about a person's normal being amazing to others. Your super-fan has definitely developed a very sophisticated sense of fashion over the years. You've developed a very comfortable place for them to open up about themselves. Wow !

人に話すことは、本当に大事なことです。でもなかなかそういう場所はないです。ただ聴いているだけでもなく、ジャッジするのでもなく、ありのままの感想を伝えられる環境をこれからも作っていきたいです。

◎本日の英文は、Mediumのブログから音声で聴くことができます。

0コメント

  • 1000 / 1000