アルゴリズムを叩き壊せ。| Smash the algorithm.

 同じことの繰り返しから抜け出したいですか? アルゴリズムはあなたの味方ではありません。アルゴリズムと友達になるのはやめましょう。「new-you-rythm」を発見してください。

 Wanna break free of the same ol’, same ol’? Well, the algorithm is not your friend. Un-friend your algorithm! Discover a new-you-rythm.


 1D1U Camp in "MOVE" 初日は、東京の新しいホテルで、ZOOM配信をしました。夜の配信なので、シャワーを浴びてから、簡単にメイクをするつもりでした。ところが、ファンデーションを忘れていたことに気づきました。もう10分しかありません。音声だけの案も一瞬よぎりましたが、隠す必要もなさそうです。アイブローは持ってきたので、眉毛をきれいに描けば、そんなには変わらないですし。昨年からの自炊と、毎日のグリーンスムージー、朝型習慣にしたことの成果を実感しました。

 On the first day of the 1D1U Camp in “MOVE”, I streamed live at a new hotel in Tokyo. As it was an evening delivery, I planned to take a shower and then do a quick make-up. However, I realized I had forgotten to bring my foundation. I only had 10 minutes left. For a moment, I thought about the idea of an audio broadcast, but I didn't need to hide it. I had brought my eyebrows pen with me, so it wouldn't make that much difference if I drew my eyebrows up nicely. I realized that cooking for myself, my daily green smoothies, and an early bird routine from last year had worked.


 若干赤ら顔のまま、Zoom画面に登場。「すみません、スッピンです。でも1D1U匠の皆さんですからいいですね」と言うと、皆さんにウケていたようです。自分で録画を確認しても、あまり普段と変わらない、むしろ吹っ切れた自分が映っていました。

 I appeared on the Zoom screen with a little blush on my face. I said, "I'm sorry, I'm not wearing any makeup. But it's okay because you are all 1D1U masters", which seemed to make everyone laugh. When I checked the recording myself, I found that I looks the same as usual, but rather a more refreshed version of myself.


 いろいろとモノを捨てていったら、新しい未来を描くことが楽しみになってきました。スッピンのハプニングは、宇宙からのお試しだったのでしょう。

 Once I threw a lot of things away, I started to look forward to creating a new future. The makeup incident was probably a test from the universe.


 「自分に何を勉強させたらいいか?」と自分に問いかけたら、女優が大学院へ行ったニュースを目にしました。

 “What should I make myself study?” I asked myself and then I saw the news about the actress going to graduate school.


 いつも新幹線で行っていた大阪出張は、はじめて飛行機の予約をしました。

 Osaka business trips, were always by bullet train, but I booked a flight for the first time.


 海外旅行専門の私とは逆で、毎週のように日本の山を登っている妹に、「山に連れてって」と言いました。トレッキングシューズは、今までの私が買わない色を選びました。

 I told my sister, who climbs mountains in Japan every week - the opposite of me who travels abroad all the time - to take me to mountains. I bought trekking shoes in a color I would never have chosen before.


 物を捨てることで、過去の執着を手放せる。そうすると、未来への選択も、過去のデーターからするのではなく、まったく新しい選択ができるようになるのです。その先には、新しい感動と成長があなたを待ち受けているのです。

 

 By throwing things away, I can let go of past attachments. Then, you could make a completely new choice for the future, not based on data from the past, but a completely new choice. Beyond that, new excitement and growth await you.


■編集後記

このメルマガを読んで、「アルゴリズム」の発想につながった英会話の先生の発想に感心しました!

「あなたへのおすすめ」「あなたのお買い物の傾向から」「こちらにも興味あるかも」など、アルゴリズムは、あなたの傾向を読み取って、どんどん提案していきます。その言いなりに映画や音楽、買い物などをどんどん体験するというループへはいっているのですよ。目を覚ましてください! 未来のあなたを作るものは、その中にはないのです。それは、過去からの選択ですから! 

◎本日の英文は、Mediumのブログから音声で聴くことができます。

0コメント

  • 1000 / 1000