★強みの磨き方 | How to improve your strengths

 強みは終点ではありません。強みとは、さらなる発展のための出発点であり、良い土台となるものです。

 A strength is not an end point. A strength is a good foundation to build on, it’s a starting point for further development.




Q: 強みを伸ばすプロセスには、どの様な努力があるのでしょうか?

Q: What efforts are involved in the process of developing strengths?

A:

 私が初めて自分の強みを考えたのは大学生の時。これまでの経験を振り返ってみました。飲食店でのアルバイトでは、モーニングの時間帯を担当。教育実習で中学生に英語を教えたこと。サークルでイベントを企画したこと。つまり、人をまとめる、教える、導くといった「リーダーシップ」が私の強みであり、それは自己分析テストの結果にも反映されていたのです。

 I first thought about my strengths when I was a university student and looked back on my experience so far. My part-time job was in a restaurant, where I was responsible for the morning hours. Teaching English to junior high school students as part of my educational placement. I organized events in a extracurricular club. So “leadership” as organizing, teaching, and leading others was one of my strengths, which was also reflected in the results of the self-assessment test.

★Stage 1

 リーダーシップの強みを生かすために、マクドナルドに入社しました。マクドナルドでは、「リーダーシップ」や「チームビルディング」について学び、そしてアウトプットする機会もありましたので、さらに強みを磨くことができました。

★Stage 1

 I joined McDonald's to develop my leadership strengths. At McDonald's, I had the opportunity to learn about leadership and team-building and also to output, which helped me to further develop my strengths.

★Stage 2

 今後のキャリアを考えたとき、他業界で自分の強みを活かしたいと思い、アパレルに転職しました。ところが、マクドナルドで学んだリーダーシップを転職先で発揮しようとすると、まったくうまくいかなかったんです。

★Stage 2

 When I thought about my future career, I wanted to use my strengths in another industry, so I moved to the apparel industry. However, when I tried to use the leadership skills I had learned at McDonald's in my new position, it didn't work at all.

 ある日の社長の厳しい一言で目が覚めました。それぞれの強みを最大限に生かすリーダーシップが求められていたのです。そしてコーチングを学びました。コーチングを学んだことで、サーバントリーダーになったのです。

 One day, a harsh word from the CEO was the key to pushing my limits. I realized that leadership is required to maximize the strengths of each individual. Then I learned about coaching. Learning coaching helped me to become a servant leader.

★Stage 3

 そして独立をして、年齢も職業も環境も様々な方と対話することになり、また壁にぶち当たりました。私の性格は、ポジティブすぎて、ネガティブな考えに共感できなかったのです。そして、「気持ちの傾聴」を習得するために、メンタルケア講座で勉強をしました。そのほかにも、海外の傾聴の仕事をしている人のメソッドを学ぼうと、本を読んで、実践したりもしました。そして、今は私オリジナルの傾聴力になっていると思います。

★Stage 3

 Then I started my own business and had sessions with people of different ages, professions and circumstances, and I hit the wall again. My personality was too positive and I couldn't sympathize with negative thinking. Then I studied in a mental health care course to learn how to listen to feelings. In addition to that, I also read books and practiced learning the methods of people working in listening overseas. And now I think I have my original listening skills.

★Stage 4

 そして今、1D1U Campを運営しています。隊長としてのリーダーシップが試されています。「隊長」とGoogleで調べてみると、以下の意味がありました。「たとえば、部下の持ち場を考えたり、現場の危険なポイントを調べたりするのも隊長の役割です」。

★Stage 4

 Presently I am running 1D1U Camp. My leadership in the role of the captain is being tested. A Google search for “captain" found the following meanings. "For example, the captain's role is to consider the positions of subordinate persons and to examine the danger points on the site.'”

 そう考えてみると、参加者が安心して表現できる場を提供し、自己基盤という土地を耕すことを手伝っています。いわば、参加者の持ち場づくりです。

When I think about it, I provide a safe place for participants to express themselves and help them cultivate the land of self-foundation. In short, it is about creating a place for the participants as they are.

 つまりは、「花を咲かせるための土壌を作れば、一斉に花が咲く!」 という、大衆向けのリーダーシップに進化しているようです。

Above all, "If I create the soil for flowers to bloom, they will all bloom at the same time!" This seems to be evolving into leadership for the masses.

■編集後記

こちらのメルマガの内容がさらにクリアになる「切り抜き動画」を作成しました。

堀口ひとみ切り抜き第1作目は、30代男性のクライアントさんのセッションで、私が話している部分を切り抜きました。男性に向けて話しているからか、タバコでも吸いながら話している姉御感でてます。(笑)

◎Hitomi Collected : Life coach チャンネル


0コメント

  • 1000 / 1000